2005年02月17日

親からもらった体

私達人間は父の精子と母の卵子の融合した時にそれぞれの遺伝子成分が選ばれて人になります。従って両親からのいろいろな遺伝的な体質を受け継ぐことになります。

先日の新聞によりますと生活習慣病の遺伝子診断の一つとして、1万4000人の日本人の血液を調べて2万種類の遺伝子候補から高血圧に関連する中核的な原因遺伝子10種類と補助的な原因遺伝子を70種類確認したそうです。これからは自分の遺伝子を調べると遺伝的になり易い病気が判る時代になってくると思います。

でもそんな検査をしなくてもわかることはあります。親の病気は子もなり易いということです。親が糖尿病なら自分も危険性があると思わなければなりません。

比較的若いうちにがんが発生してしまう遺伝子がありこの遺伝子をBRCAと呼んでいます。この遺伝子を持っている女性は乳がん・卵巣がんの両方にかかり易いのです。その遺伝子でなくても「母が○○がんだった」と言う方はこの先、同じがんが出てくる可能性がある訳です。「父は脳卒中で逝ってしまった」 という方もいらっしゃるでしょう。以前に比べ、栄養状態がよくなったことで脳卒中は減少傾向にあります。
しかし一方で現代社会は様々なストレスが増えており、原因の異なる脳卒中は起こり易いともいえます。

親以外では兄弟・姉妹の病気はやはり自分と無関係ではないでしょう。遺伝的には親よりはやや関連性が低いのですが、体質や性格が似ている、食べ物の好みなど生活習慣が似ている、となれば同じ病気にかかる可能性も上がってきます。同じ時代を生きていることで、環境の影響も同じということもあり、自分の鏡であるという認識を持つと良いでしょう。ただし、たとえ双子でも生活環境が違うと明らかに差がでることもあるのです。これは遺伝的な要因では全ては説明できない、生活習慣や環境で遺伝的な要因を克服することも出来るという証拠でしょう。
posted by Dr.イチロー at 15:25| Comment(0) | ■その他

2005年02月14日

私の健康法は大丈夫?関節年齢チェック

皆さんはご自分なりの健康法をお持ちでしょうか?日頃運動してない方は体を動かすことから始めたいものです。軽く汗ばむ程度の1時間程度の散歩やジョギングが適当でしょう。あくまでも無理をしないことが一番大切です。積極的に運動する方にお勧めしたいのがストレッチです。筋肉を使うことは筋線維を収縮させることですが、逆に筋肉を伸展させることも若々しい筋肉を維持するために必要で、これがストレッチという訳です。

脂肪を燃焼させたい方は脈拍が120程度になる運動を20分以上することをお勧めします。運動する回数は週2,3回が適当で、毎日の運動はかえって体の負担になるようです。過剰な運動は大量の活性酸素を生み危険であるということが指摘されています。

運動時に効果的な食事やサプリとして効果的なのはプロテイン、分枝鎖アミノ酸、ビタミンが基本と考えられます。プロテインはたんぱく質の意味です。アミノ酸はたんぱく質の成分であり、アミノ酸がたくさんつながったものがたんぱく質です。たんぱく質は水分、脂肪分を除いた体の主成分です。筋肉は主にたんぱく質ですが、骨や皮膚や内臓もたんぱく質が主成分なのです。筋肉を使うと多少なりとも筋線維が傷みます(なれない運動で筋肉痛が起こる理由です)。傷めた筋肉をすばやく再生させるためにその材料であるたんぱく質、アミノ酸を摂ると良いと言うことになります。

ビタミンはそうした筋肉の再生する化学反応を助ける役割をしています。また、運動時に必要なエネルギーを産生するのを助ける役割、運動時にでてきた活性酸素を中和する役割などがあります。こうした栄養と代謝が整って初めて障害の少なく効果的な健康を維持できる運動ができると言う訳です。

 さて関節の年齢を判定する方法をご紹介しましょう。あえて具体的に数値をあげないことにしますが、以下のようなことを確かめてみてください。

・腰;膝を伸ばしてつま先に手が届きますか
・股関節;股が開きますか
・膝;正座できますか
・足首;まわして違和感ないですか、アキレス腱のびますか
・肩;両手を上下から伸ばして背中でつなげられますか
・手首;中身の入った2リットルのペットボトルの口先を3本指で30秒間もてますか
posted by Dr.イチロー at 15:09| Comment(0) | ■自己健康チェックしてみましょう

2005年01月26日

体の内なる声

皆さんはなんとなく調子が悪いときどうしていらっしゃるでしょうか。体調不良を同僚や家族に訴えながらもそのままにして仕事を続けていますか?

良く耳をすませてみましょう。体が何か言っています。「昨日は飲みすぎたなあ」「肩がこっているので肩の筋肉を伸ばして欲しい」「右膝が傷みかかっているので無理しないで」
こうした体からの声にならない訴えをいち早く意識することで病気やけがの予防ができます。すぐれた運動選手はトレーニング中の“雰囲気”でケガをしそうな時というのは判るそうです。その雰囲気に気がついていち早く「良くない雰囲気だぞ!気をつけろ!」と注意を促すとケガが予防でき、うっかり見過ごすと確実にトラブルが起きるそうです。
また、横綱など一流の格闘技家も同様のことが言えます。調子が悪い時には悪いなりの相撲をとることで勝ち続けるのが横綱ということです。無理をしないで成果をあげる、その方法を自分なりに編み出せなくては第一任者の地位は保てないということでしょうか。

ご自分の内なる声によく耳を澄ませてください。調子が悪いと思うときは実は気圧や自律神経と関係していることがあります、航海中に船長が「今日はしけるぞ」という話を聞きます。船長の古傷はおそらく関節痛と思いますが、関節は複雑、デリケートな構造を持っていて気圧の変化を受けやすく、天気が悪くなる前に気圧の変化を関節が自覚するのでしょう。台風が到来すると外来に喘息発作の患者さんが多いことも良く知られています。
posted by Dr.イチロー at 15:26| Comment(0) | ■その他

2005年01月15日

ノロウイルス

感染性胃腸炎で、食中毒としての側面と人から人に感染するという側面をもつウィルスです。 
最近、集団感染の報告がされていますので、コラムにしてみました。

ノロウィルスは以前は小型球形ウィルスと呼ばれていたもので平成9年から食中毒の原因物質に加えられました。
・ウィルスを取り込んだ牡蠣などを不十分な加熱で食べることにより感染。
・刺身やサラダなど非加熱食品のウィルスに汚染された調理器具や水から感染。
・ノロウイルスに感染したヒトの便が手洗いが不十分なまま調理による食品への感染。
・ノロウイルスに感染したヒトのおう吐物から、ウイルスが乾燥して舞い上がり、直接ヒトの口から取り込まれ感染。
といった経路考えられます。

食品内で増殖せず人の腸内で増殖するため鮮度には関係なく、少量でも感染します。発症率が高く、食品を介してだけでなく人から人へも感染します。共通の食べ物がないのに集団発生することがあります。

主な症状は風邪に似た症状が特徴です。
1.1〜2日前に2枚貝(カキ、アサリ、ハマグリ、シジミ、ムール貝)を生で食べた
2.吐き気や嘔吐、腹痛、下痢(水様便)が1〜3日続いている
3.発熱(38度以下)が1〜3日続いている
4.家族、仕事の同僚などに過去2週間以内に吐き気や嘔吐、腹痛、下痢、発熱症状があった人がいる
といったことが目安になります。
 
予防方法は出来たら二枚貝類は十分に加熱すること、生食の場合は「生食用」を賞味期限内に食べること。
手洗いや調理器具の洗浄に気をつけることなどが挙げられます。

大量に調理・配膳する時は使い捨て手袋を使用しましょう。
他に、カキなどを調理の前後は十分な手の洗浄、生で食べるサラダや魚介類との調理器具は区別する、台所布巾は洗浄後、熱湯や塩素系漂白剤で消毒し、十分に乾燥させるといった方法があります。

感染しても通常は発症から1〜3日程度で症状は治まります。
下痢により脱水症状が見られる場合は入院や点滴の処置が必要になるでしょう。
免疫力の弱い乳幼児や高齢者は重症化しやすいので注意が必要です。
下痢や発熱時には十分な水分摂取をしてください。
吐いたものや便には直接触れないこと、吐いたものや便で汚れた衣類は分けて洗濯し、煮沸消毒や塩素系漂白剤で消毒、天日干し、温熱乾燥が望ましいです。
また、下痢している人の入浴はシャワーのみにするか最後に入浴するのが良いでしょう。
症状が治まっても、ウィルスは2週間ほど便と一緒に排泄されますので、まわりの人にうつさないよう注意が必要です。
posted by Dr.イチロー at 14:48| Comment(0) | ■この病気ご存知ですか?

2005年01月14日

花粉症

花粉症についてのお話です。花粉症は年々患者さんが増加し現在人口の13−16%といわれています。花粉を吸いこむと鼻粘膜や結膜にいる肥満細胞表面のIgEと反応して、肥満細
胞がヒスタミンを放出することで目のかゆみ、鼻水などの症状が急激に出現します。咳、咽頭痛はなく微熱がでることがあります。以上の症状が2週間以上あれば花粉症が疑われ
ます。医師による治療は経口抗アレルギー剤の服用と鼻用ステロイド剤噴霧を中心とした治療で患者さんの満足度は高いと報告されています。また、漢方薬では麻黄附子細辛湯、小青竜湯、柴胡桂枝乾姜湯などが推奨されており、麻黄附子細辛湯は即効性があるので試してみても良いかもしれません。

これらは対症療法ですが、体内環境を整える方法でも症状の軽減が期待できますのでそれに役立つと思われる食品をご紹介します。ヒスタミン分解作用のあるビタミンCを多く含む食品(キャベツ、シシトウ、シソ、ピーマン、ゴーヤ、キウイ、レモンなど)や、ヒスタミン遊離抑制作用があるとされる甜茶(てんちゃ)、ポリフェノール(赤ワイン、ココア、シソなど)、グミ科の植物であるサージ(沙棘)やイラクサ科のハーブ「ネトル」、玉ねぎの「ケルセチン」、ウコンに含
uクルクミン」などがあります。また腸内環境を整えることでIgE産生を低下させる食物繊維(蕎麦、玄米、大豆、もやし、おから、さつまいも、枝豆、ほうれん草、キャベツ)やヨーグルト、粘膜を強化するベータカロチン(かぼちゃ、小松菜、ニラ、山芋、にんじん、クレソン、春菊)、亜鉛(カニ、カキ、ホタテ、サザエ、ごま)、EPA(マグロ、イワシ、サンマ)、アレルギー酵素作用を阻害するルテオリン(カモミール、味噌)なども注目されています。こうした食品を取り入れながら、脂肪、糖分の摂取は控えめにするなど食生活環境の改善でも回復が可能と思われます。また排気ガスと生体ストレスとの関連も知られていますので生活環境を整えることも大切でしょう。特に生体ストレスは寝不足、過度の緊張、喫煙、お酒の飲みすぎなどが関連していると思われます。

私自身は東京に来て3年目に発症しましたが、ここ数年は克服しつつあります。最初は症状がでる季節に甜茶を飲んでいましたが、最近3年ほどはビタミンA、B,C,Eと亜鉛を含む
サプリメントおよびプロテインの飲用でほとんど軽快しています。もちろん上に挙げた食物を摂る事や過度のストレスにも十分注意しています。 
posted by Dr.イチロー at 14:49| Comment(0) | ■この病気ご存知ですか?