2004年11月15日

ストレスとは

ストレスとは何らかの刺激で生体におきた反応のことで人間はストレスなしでは生きていけません。これは密室に数日間ヒトを閉じ込めた実験でわかっています。ですからストレスと一口に言っても良いストレスと悪いストレスがあるのです。大リーグで活躍中のイチローは記録を目指すことで自分にストレスを与え、動機付けをしているそうです。記録への挑戦こそがプロ選手としての醍醐味で、あと何本というプレッシャーもある意味楽しみの一つとなっているのかもしれません。

睡眠不足、アルコール、過緊張などは過度のストレスであり有害と思われます。逆に良いストレスは気持が良い。気持が良いとα波が出る、従って体に良いということになります。
ストレスの種類には以下のものがあります。
1.物理的(騒音、暑さ寒さなど)
2.化学的(たばこ、酒、化学物質など)
3.生物的(花粉、細菌、ウィルスなど)
4.心理的(上司、同僚、姑など)
5.社会的(仕事上の責任、家庭内問題など)

気温などはヒトが本来もつ恒常性維持で対処できますがストレスが重なると対応は無理かもしれません。そこで悪いストレス状態のチェックをして見ましょう。
□怒りっぽく腹が立つことが多い
□においに敏感である
□眠れないことがある
□胃腸の調子が悪い
□首や背中がこっている
□人間関係でギクシャクしている
□楽しいことが少ないと感じる
□体に力が入っている
□感動しなくなった
□便秘と下痢を繰り返す
□疲れ易い
これらのことがあったら悪いストレスがあると考えられ、何らかの対処が必要かと思われます。
【■心の健康についての最新記事】
posted by Dr.イチロー at 15:24| Comment(0) | ■心の健康について

ストレスマネージメント

ストレスは人や場所により異なるという認識が必要です。イチローと同じ強靭なメンタルの人は少ないということで、人によって良いストレス、悪いストレスの内容が違います。場合によってはコントロール可能な時もあります。そうした心の反応である「ストレス」や「うつ」を自覚することがまず第一歩と考えられます。解消法としては旅行などの趣味で
解消できる人はまず実行してみることが一番でしょう。勤勉な日本人の特質で、休むこと、遊ぶことに罪悪感を感じる生真面目な方も多いのですが、ストレス解消も仕事のうち、と思って時には休暇をとることが業務の能率を上げるかもしれません。少なくとも心理緊張と筋肉緊張からなる悪いストレスサイクルを絶ち切ることが大切です。例えば、座っていてもすぐできるものとしては長い呼気を保つ腹式呼吸などもその一つで、深い呼吸により交感神経の緊張をとり、リラックス神経である副交感神経を刺激して緊張をとる効果があります。ストレッチも効果的なことがあります。
他に、1/fのゆらぎが緊張をとるのにいいとされています。実験では脳内にα波がでる刺激として知られているものにモーツァルトの音楽があります。アイディアを練るとか、仕事を片付けるときにも効率が良くなるようです。他に鈍行電車に揺られるとうとうとしてしまいますが鈍行電車の揺れも1/fのゆらぎだそうです。なんとなく感覚的に判るような気がしますね。
いろんな場面で自分の心がコントロールできないことがしばしばあると思いますが、そんなときに役立つ方法がありますので試してみて下さい。気が散ってしょうがない時、ある仕事を時間までに仕上げなければならないなどという時、大変な緊張を強いられた時など集中力を自由に呼び起こすことで自分の心をコントロールすることができストレスを悪いストレスと感じない人がいます。先ほどの例ででたイチロー等もその一人でしょうが、プロ野球の巨人にいた中畑選手の話があります。彼は調子が良い時には打席に立ったときにヤジ等の雑音が何も聞こえなくなるそうです。そんな時にはヒットも出るといいます。逆にヤジがよく聞こえるときはヒットも出ず、調子が良くないとわかるそうです。つまり、打席に立って投手の投げるボールを打ち返すことに集中することが何万人の人が注目しているところで活躍できる秘訣なのでしょう。
 集中力を呼び起こす3つのポイントとして以下の3つのことを繰り返し念じる、想うことが一つの方法です。つまり、1.イメージを描くこと 2.目的をしぼること 3.集中することです。ゴルフのスイングでもそうですし、試験や仕事でも自分の理想を思い浮かべ、そのためには何をすべきかの目的を十分にしぼり、そこに集中して目的を果たし、うまく行っても行かなくても再びイメージを描くことに戻ると言うわけです。皆さんできそうでしょうか?
不安な気持を改善させる気の持ち方ということも大切です。ある意味では自己暗示のようなものですが、大きな仕事が出来る人というのは皆多少の自己暗示をして自信や動機を維持していると言っても良いでしょう。その方法として、1.自分は自らの体と心をいつでもリラックスできる 2.私は今、何も心配することはない(実際、どんな人でも心配事は挙げればきりがないですから、どんな心配事があってもないと思うことです)3.自分の思考はいつも自分自身を健康な状態にする
以上の3つを繰り返し、思い浮かべることで不安が解消できるというものです。不安な方はお試し下さい。
ストレスサイクルからの脱出として先に心と体のストレスの話題になりましたが、ストレスのもと、心のストレス、体のストレスはひとつのものでなく、それぞれを少しずつ改善していることが必要でしょう。心のストレスはのように先に記したようなイメージ作りや、不安改善により軽減し、体のストレスはマッサージなどで改善を図り、もちろんストレスのもとがあればこれを軽減するように集中するというそれぞれの改善方法をとることで悪いストレスサイクルから脱出しましょう。
posted by Dr.イチロー at 15:23| Comment(0) | ■心の健康について

2004年09月10日

関節痛

 関節痛は誰しも一度くらいは経験しているものです。
 首の痛みも腰痛も関節痛です。 
 特に腰痛は苦しんでいる方の数は一番多いかもしれまん。
 私自身の腰痛克服法は、いわゆる腰痛体操です。といってもヨガに近いもので、関節可動域を広げるストレッチの様なものです。
 人によってはちょっとした痛みも伴うので全ての人に合うかどうかはわかりません。でも、いろんな方法があります。
 無理しない腰痛体操、コンドロイチンやグルコサミンの服用、筋肉トレーニングなどがあると思います。
 腰痛を持っているご本人に一番合っている方法を探すのが一番でしょう。
 本来、関節は骨組織の先端部の軟骨組織が滑膜という細胞を介して擦り合っている状態です。軟骨はもともと血流が多くないので一旦痛めるとなかなか回復が難しいので、関節の痛みがおきたら炎症を早く抑えるために抗炎症剤の服用とその関節に負担をかけないことが重要と考えられます。
posted by Dr.イチロー at 15:07| Comment(0) | ■こんな症状ありませんか?

心筋梗塞のお話

 心筋梗塞は通常、左胸が痛みが1時間以上続くとされています。5分程度で痛みが治まるものは狭心症と言います。 

 どちらも心臓の血管(冠動脈)が狭くなったり、閉塞することによって、痛みを感じるのです。狭心症の場合は心臓の筋肉(心筋)は死なないのですが、心筋梗塞になると心筋は死んでしまいその部分の心筋は復活することはありません。

 ですから、同じ胸痛でも5分で治るものと1時間以上続くものではその意味が全く異なるわけです。

 一般の外来をしている医師はそうしたことを学生時代から教育され、実際の外来で経験しているわけですが、患者さんがその恩恵を受けるまでには、患者さんが外来に行き、問診表を記載し、看護師さんに話を聞いてもらって、診断するまでにだいぶ待たされてしまいます。

 患者さんの中には救急車を呼んで見てもらう方もいらっしゃいすが、我慢してしまう方も多く、患者さん自身の医学的知識、情報といったものが、その後の病気の経過を左右してしまうことがあるのです。

 もっと詳しい話をすると狭心症の発作(胸痛)を何回も続けてから発作をいる人は、心筋が血流が少ない状態に慣れてくるので心筋梗塞を発症したとしても、その前に胸痛発作のなかった心筋梗塞の人よりも軽い状態であることが知られています。

 これは患者さんの立場から見ると、心筋梗塞になってしまう前に、狭心症発作を起こすことで心臓病のことを理解し、対処方法を学ぶチャンスがあったならば実際に重症の心筋梗塞発作がおきたときに素早く対処できて軽症ですむ可能性があると考えることもできます。
posted by Dr.イチロー at 15:06| Comment(0) | ■この病気ご存知ですか?

2004年09月07日

お肌の健康:理想的な肌の状態って?

 理想的なお肌ってどんなものでしょう?赤ちゃんの肌?
 でもきめの細かいふわふわの赤ちゃんの肌も以外にトラブルが多く、あせもや湿疹で赤くなったりブツブツがでたり、大人の肌にはない悩みも多い(本人は悩んでないけれど)。
 赤ちゃんの肌がきれいなのは何よりも水分が多いこと、そして新陳代謝が盛んなためです。そしてトラブルが多いのは皮膚の免疫機能(防御体制)が不十分なためです。
 皮膚は私たちの体全体をくるんで外界の刺激から守っています。 
 現代生活では刺激ほぼイコール=有害刺激です。
 よほど特殊な環境でもない限り肌のためにプラスな刺激はやってきません。
 というわけで、美しいお肌を保つには有害刺激を避けること、保湿すること、これに尽きます。

 ですから皆さん、大気汚染に無縁な深山で滝つぼのほとりに小屋を建てて住みましょう!っていうのは不可能ですね。
 それでは?
 本来の肌の機能をフルに引き出すきめの整った、潤いとはりのある肌、とはつまり保水能力と弾性の保たれた、炎症のない健康な肌といえるでしょう。肌(皮膚)もひとつの臓器ですから大事に保護しながらも仕事をしてもらわなくては退化してしまいます。
 心臓は大事な臓器だから歩かない、階段は上らない、ドキドキするような経験は避ける、というのはナンセンスですね。
 それと同じで、肌の健康のためには化学的な刺激(紫外線や薬品、必要以上の化粧品)、物理的な刺激(ゴシゴシ洗うなど)、汚染(細菌、ダニなど)を除いて、肌の機能を上げること!肌の保水機能、免疫機能は、全身の健康状態の反映す。
 必要な栄養素(ビタミンCだけではないですゾ)が取れているか?
 それをうまく代謝する自律神経の調子はどうか?
 まずお肌が仕事をできる状態かどうかをよく検討してみて下さい。
 おなかの調子がわるいときにどんなグルメも意味ないですよね。
”〜のイチオシ美容液”も基礎体力のない肌に奇跡は起こせません★
posted by Dr.イチロー at 15:21| Comment(0) | ■サプリメント